Photoshopのスキンレタッチ方法を現役クリエイターが解説!

Photoshopのスキンレタッチ方法を現役クリエイターが解説!

こんにちは!
しがない雑食系クリエイターのはまやん(@hama_paz)です!

皆さんはスキンレタッチをご存知ですか?

いわゆる「肌のくすみやシワを取ってキレイにする」テクニックなのですが、Photoshopをやる人なら一度はやってみたいテクニックですよね?

実はコツと気をつけるポイントさえ掴めば誰でもスキンレタッチが出来ちゃいます!

この記事を読む事でスキンレタッチの方法が学べるのでぜひ参考にしてみてください!

はまやん
僕はネットを漁りまくって自分用にやり方を作ったのでレッツトライよ!
スポンサーリンク

スキンレタッチの流れ

今回はこちらのモデルさんの画像を使用します。

Photoshopのスキンレタッチ方法を現役クリエイターが解説!2

スキンレタッチの流れとしては以下になります。

  1. CameraRAWフィルターのテクスチャを調整
  2. 修復ブラシツールとコピースタンプツールでいらない部分を消す
  3. 色調補正する

大まかにはこの流れになりますので順を追って説明していきます!

CameraRAWフィルターのテクスチャを調整

まず肌のくすみやシワなどを大まかに除去する為に、画像を複製して上のレイヤーにCameraRAWフィルターを適用させます。

ショートカットキーはCmd+Shift+A(WindowsはCtrl+Shift+A)です!
この時にスマートオブジェクトにしておくと後々修正が出来ますので変換しておきましょう!

Photoshopのスキンレタッチ方法を現役クリエイターが解説!1

CameraRAWフィルターの基本補正の項目に「テクスチャ」がありますので、マイナス方向にスライドして調整します。

画像にもよりますが、大体-75にするといい感じです!

Photoshopのスキンレタッチ方法を現役クリエイターが解説!3

「効果」の粒子の項目を調整する事で元の画像のノイズ感を合わせる事が出来ます!
大体8〜15ぐらいで調整してみてください!

Photoshopのスキンレタッチ方法を現役クリエイターが解説!4

調整が完了したらOKを押して適用しましょう!

レイヤーマスクで肌の部分だけ表示させる

さて!CameraRAWフィルターを適用すると、肌はキレイになりましたが全体的にボヤボヤしていますよね?

そこでレイヤーマスク機能を使って肌の部分だけキレイにしていきます!

フィルターをかけたレイヤーを選択して「選択範囲」から「色域指定」を選択します。

Photoshopのスキンレタッチ方法を現役クリエイターが解説!5

色域指定のウインドウから「スキントーン」を選んで肌の部分に合わせるように大体30前後に数値を調整します。

この時に表示を白マットにするとわかりやすいですよ!

Photoshopのスキンレタッチ方法を現役クリエイターが解説!6

大体合ったらOKを押します。

すると選択範囲が作られるので、レイヤーパネルのマスクを作成ボタンを押します。

Photoshopのスキンレタッチ方法を現役クリエイターが解説!6

ちょうど肌の部分だけ表示されるようになりました!

後は髪の毛とか眉毛など肌ではない不必要な部分をマスクの黒で塗りつぶして調整します。
また少し抜けてしまっている肌の部分は白で塗りつぶします。

この時に属性パネルの「ぼかし」でマスクのエッジをなじませると自然な感じに仕上がりますよ!

Photoshopのスキンレタッチ方法を現役クリエイターが解説!7

レイヤーマスクについてはこちらの記事で詳しく解説しています!

はまやん
ブラシの硬さは50前後にするとほどよくエッジをなじませられるよ!

修復ブラシツールとコピースタンプツールでいらない部分を消す

ある程度肌をキレイにしたら、取り切れなかったくすみやシワや場合によってはホクロなどを修復ブラシツールとコピースタンプツールを使って消していきます!

ただ、スマートオブジェクトに直接塗る事は出来ないので先ほどのスキンレタッチした上に新規レイヤーを作成してそこに塗っていきます。

ブラシの設定項目で「現在のレイヤー以下」にすると下のレイヤーもコピー対象にしてくれます!
こうすることで後から修正したい場合にパーツごとに修正する事が可能です!

Photoshopのスキンレタッチ方法を現役クリエイターが解説!8

さくさく除去してこんな感じです!

Photoshopのスキンレタッチ方法を現役クリエイターが解説!9

修復ブラシツールとコピースタンプツールはこちらの記事で詳しく解説しています!

関連記事

こんにちは! しがない雑食系クリエイターのはまやん(@hama_paz)です! 皆さんは画像の不要な部分を消したいって思った事はありませんか? 電線とか見切れた人とか、人物なら傷とかシミとか消したい時はありませんか? […]

Photoshopのコピースタンプと修復ブラシの使い方を解説

色調補正する

さぁ!いよいよ最後になりました!
肌がキレイになったところで血色や目の下のクマなどをキレイにする為に、調整レイヤーで補正していきます!
僕がよく使う調整レイヤーと、用途を下にまとめました。

  • トーンカーブ
    目元を明るくする事で魅力的に見せる
    歯を白くする
  • 色相・彩度
    肌の発色を上げて健康的に見せる
  • カラーバランス
    肌の赤みやアザなどの調整

人物の顔をレタッチする場合はメイクをするような感覚で調整していきます!
(メイクなんてしたことないけどネ)

いい感じに出来たらこれで完成です!

Photoshopのスキンレタッチ方法を現役クリエイターが解説!10

上達するポイント

スキンレタッチの方法を解説していきましたが、いきなり出来るようになるのはかなり稀です。
そこでここを意識すれば上達するよってポイントをご紹介します!

スキンレタッチを過度にやりすぎない

これはメイクでもそうだと思いますが、過度にやりすぎてしまうとあからさまにレタッチした感が出てしまいます。

テクスチャを入れ過ぎると肌の質感が損なわれてツルツルのマネキンみたいな肌になってしまいます。
または、シワを消し過ぎると年相応に見えなくなって違和感が生まれてしまいます。

あくまでナチュラルビューティーを目指しましょう!

感覚としてはマイナス5〜10歳肌にするつもりでやってみましょう!

時々全体をチェックしてバランスを確認

レタッチは細かい部分をやる事が多いので、局所的に見がちです。

例えば目だけキレイになっても他のパーツとのバランスを見ないと違和感出まくりですよね?

なので、時々全体を引いて見てバランスを確認しながら作業を進めると吉です!

木を見て森を見ず的な、なんかそーゆーアレです!

とにかく数をこなす

もうこれは経験談になりますが、とにかく数をこなしてキレイに見えるバランスや程度を自分の体に覚え込ませましょう!

正面だけでなく横や振り返ってるポージングなどめちゃくちゃあるし、日本人モデルや海外モデルで肌の質感が全然違います。

これは本業でも教える機会がよくあるので、コツはあるけど近道は無い!とにかく数をこなしたら上手くなる!とよく言っていますね。

はまやん
レンシューアルノミヤネ!

 

Photoshopを学べるオススメ書籍

当ブログの管理人がオススメするPhotoshopを学べる書籍をご紹介します!
ポイントをわかりやすく押さえて解説されてますので、すぐに実践したくなりますよ!

ズボラPhotoshop

デザイナーのトミナガハルキさん著書のズボラPhotoshop!
デザイン初心者さんの悩みの1つである「カッコイイものを作りたいのにどうやって作ればいいかわからない」を解消する事間違いなしの一冊!
Photoshopを始めたての方や、クオリティをもう1ランク上げたい方は必見です!

Photoshopレタッチ[伝わる]写真補正&加工を学ぶ現場の教本

数々の映画や広告のビジュアルレタッチを担当している大谷キミトさん著書のレタッチャー必携の一冊!
細かい部分のレタッチの方法や、画像をキレイにするレタッチ自体の概念が学べます!
僕もこの書籍を見ながら本業でレタッチテクニックをバリバリ活用しています!

ノンデザイナーのためのPhotoshop写真加工講座

登録者数10万人を超えるPhotoshop系YouTuberのパパさん著書の一冊!
デジタルコラージュの作例や作品を作る事へのアイデアが詰まっています!
Photoshopは触れるけど作品とかどうやって作ればいいんだろう?って方にオススメです!

まとめ

いかがでしたか?
スキンレタッチの方法をまとめました。

  • CameraRAWで大まかに肌をキレイにせよ!
  • くすみやシワは修復ブラシとコピースタンプで除去!
  • キレイに見えるように調整レイヤーで色調補正!
  • あとは数をこなして体に刻み込め!(スキンだけに)

今はスマホアプリなどで簡単に肌をキレイにする事が出来ますが、細かい調整やプロが行うレベルまではまだまだPhotoshopには及びません!

もし、ご興味があれば一度やってみるとスキルの幅が広がりますよ!

はまやん
それでは良いPhotoshopライフを!
Photoshopのスキンレタッチ方法を現役クリエイターが解説!
Twitterやってるのでフォローしておくんなまし!