現役レタッチャーがPhotoshopのコピースタンプと修復ブラシの使い方を解説!

Photoshopのコピースタンプと修復ブラシの使い方を解説

こんにちは!
しがない雑食系クリエイターのはまやん(@hama_paz)です!

皆さんは画像の不要な部分を消したいって思った事はありませんか?
電線とか見切れた人とか、人物なら傷とかシミとか消したい時はありませんか?

実はPhotoshopのコピースタンプと調整ブラシを使用して簡単に消す事が出来るんです!

この記事を読めばそれぞれのツールの使い方がわかって、あなたのPhotoshopレベルがグンと上がりますよ!

僕も人物レタッチとかをする時にどちらも使用していますが、同じようなものでも用途が違いますのでそれぞれの特徴などもお伝えしていきます!

はまやん
これを覚えればレタッチもサクサク出来ちゃうヨ!
スポンサーリンク

ビフォーアフター画像

今回は画像の赤枠部分のランプとスイッチの機械を、コピースタンプと修復ブラシを使って削除していきます!

Photoshopのコピースタンプと修復ブラシの使い方を解説1

コピースタンプツール

まずはコピースタンプツールからご紹介します!
コピースタンプツールは指定した箇所を文字通りコピーして別の箇所に貼り付けます。

Photoshopのコピースタンプと修復ブラシの使い方を解説3

基本的な使い方としては消したい部分に接してる部分をコピーして上から塗っていきます。
コピーをするにはAltを押しながらコピーしたい場所をクリックします。

Photoshopのコピースタンプと修復ブラシの使い方を解説4

こんな感じで塗るとそのままコピーされます!

コピースタンプのデメリット

コピースタンプのデメリットはコピー元をそのまま貼り付けるので上手く使わないとコピーしたのがバレてしまいます。(例画像ではわかりやすいように極端に塗っています)

Photoshopのコピースタンプと修復ブラシの使い方を解説5

ですので、複雑な箇所より単調な箇所にあるところを消すのに向いていますね!

修復ブラシツール

続いて修復ブラシツールですがコピースタンプと使い方は同じで、違うところはコピー元とコピー先のエッジを調整してなじませてくれるところです!

Photoshopがある程度なじませてくれるのでコピースタンプと違ってコピーしたのがわかりにくくしてくれます!

Photoshopのコピースタンプと修復ブラシの使い方を解説7

調整ブラシのデメリット

調整ブラシツールにも弱点はあって、消したい箇所の近くにエッジがあった場合にエッジも含めてなじませてしまいます。

Photoshopのコピースタンプと修復ブラシの使い方を解説8

こんな感じですね。
ですので、エッジ付近を消したい場合はコピースタンプを使った方が良いケースが多いです。

便利な小技集

ここで、本業で年間1000枚以上レタッチしている僕が良く使う小技集を紹介します!

調整あり

これはどちらのツールにもありますが、調整ありのチェックを入れるとコピーした箇所とブラシの距離を保ったまま塗る事が出来ます。

Photoshopのコピースタンプと修復ブラシの使い方を解説9

逆にチェックを外すとコピー元はそのままでブラシの距離だけ変わります。

通常は調整ありのチェックをした方が使い勝手が良いのですが、コピー元の箇所を複数作りたい(例えば木を何本も並べたいなど)場合はチェックを外した方が良いですね。

Photoshopのコピースタンプと修復ブラシの使い方を解説10

Photoshopのコピースタンプと修復ブラシの使い方を解説11

コピー元を回転

基本的にコピー元と同じ角度で塗られていきますが、角度を変えてコピーしたい場合は
「ウインドウ」→「コピーソース」パネルで角度を設定できます。

これによってコピー元が設定した角度に傾いている状態でコピー出来ます。

もちろん角度を0にすると元の状態でコピー出来ます。

Photoshopのコピースタンプと修復ブラシの使い方を解説12

僕は人物の肩辺りの背景のいらない部分を削除して、肩の丸みをコピーしたい場合によく使います。

CameraRAWの補正ブラシでも出来る

先ほどご紹介した2つのツールですが、CameraRAWの中で使う事も出来ます。

CameraRAWの画面の補正ブラシを選択します。
使い方としては調整ブラシと似たようなものですが、最大の違いはコピー元を後から動かせる事が出来ます。

Photoshopのコピースタンプと修復ブラシの使い方を解説13

 

色調整もいらない部分も消すのも一気にやりたい!って時には便利です。

デメリット

こちらの最大のデメリットは2つのツールより圧倒的にメモリの消費が激しいです。

一箇所ぐらいならそこまで問題無いですが、何箇所もレタッチする場合はコピー元の情報を保ったまま作業していますので異常なほどメモリを消費します。

メモリをめちゃくちゃ積んでいるPCならまだ耐えれますが、16GB程度では露骨に遅くなってストレスフルになりますので気をつけましょう。

まとめ

いかがでしたか?

今回の記事を以下にまとめました。

  • コピー元をそのまま貼り付けるコピースタンプツール
  • コピー元と先をなじませてくれる調整ブラシツール
  • どちらも苦手な部分があるので使い分けをしよう
  • CameraRAWの補正ブラシはメモリをめちゃくちゃ消費するので使い方に気をつけよう

個人的には人物レタッチをガンガンするので調整ブラシをメインに使いますが、コピースタンプツールをエッジ近辺で使います!

マスターするとあなたも立派なレタッチャーです!
ぜひぜひお試しください!

人物のレタッチをする時の使い方はこちらで詳しく解説しています!

関連記事

こんにちは! しがない雑食系クリエイターのはまやん(@hama_paz)です! 皆さんはスキンレタッチをご存知ですか? いわゆる「肌のくすみやシワを取ってキレイにする」テクニックなのですが、Photoshopをやる人な[…]

Photoshopのスキンレタッチ方法を現役クリエイターが解説!
はまやん
それでは良いPhotoshopライフを!
Photoshopのコピースタンプと修復ブラシの使い方を解説
Twitterやってるのでフォローしておくんなまし!