【Photoshop】現役レタッチャーが合成のコツを画像で解説!

こんにちは!
しがない雑食系クリエイターのはまやん(@hama_paz)です!

Photoshopをお使いの皆さん、「合成画像」を作った事はありますか?

Photoshopを触る事がある人は誰もが一度はやってみたい、画像と画像を合成して自分の作品にしてしまうあのアレです!
しかしやってみたいと思ってもどうやったらいいのかわかりませんよね?

そこで今回は現役のレタッチャーでもある私はまやんが、合成画像を作る時のコツを画像で解説していきます!

【注意!】
今回は作っておいて何ですが、結構難しめのテクニックかと自分でも思います。
ただ、考え方や注視するポイントをひとつでも身になってくれたら幸いです!

はまやん
難しくなっちゃってごめんねごめんねー!
Adobe製品をおトクに購入する方法

Adobe Creative Cloudのコンプリートプランをライセンス料が年間68,160円(税込74,976円)かかります。
金額にすると結構な額なので、できるだけおトクに購入したいですよね?

デジタルハリウッドのオンラインスクールを受講するとセットでAdobe Creative Cloudの学生・教職員個人向けライセンスプログラムが年間36,346円(税込39,980円)で付いてきます!

おトクに購入出来るのでもすごいのに、オンラインスクールなのでクリエイティブソフトの使い方を一緒にオンラインで学べます!
ソフトと講座の両方セットでかなりお得なプランなのでデジハリでの購入を検討してみては?


>>詳しくはバナーをクリック<<

スポンサーリンク

元の素材と完成画像

まず、今回の合成の元となる画像と完成画像になります。

元の画像たち
【Photoshop】現役レタッチャーが合成のコツを画像で解説!1

ちなみに元画像は毎度おなじみO-DANから使用しています!
あ、車はマイ愛車でございます!

イメージ素材はO-DAN

で、これらをええ感じに合成するとこんな感じになります!
【Photoshop】現役レタッチャーが合成のコツを画像で解説!2

それでは順番に解説していきます!

車の画像を切り抜く

まず車の画像を切り抜きます。

今回は対象が車なので割と直線が多いです。
なので、僕はペンツールでサクッと切り抜きしました!

そのまま切り抜かず、レイヤーマスクを作成して切り抜いています。
その後にスマートオブジェクトに変更しています。

【Photoshop】現役レタッチャーが合成のコツを画像で解説!3

もちろんPhotoshop2020から「背景を削除」機能を使って自動で切り抜く方法もあります!
使い方についてはこちらの記事で詳しく解説しています!

関連記事

  皆様、はじめまして!しがない雑食系クリエイターのはまやんと申します! 普段の仕事ではPhotoshopでの画像加工やデザイン、Premiere ProやAfterEffectsなどの動画編集やBlender[…]

Photoshop簡単に切り抜く方法その1

街並みの画像に車の画像を配置と変形

車の画像が切り抜けたところで早速街並みの画像に配置していきます。
【Photoshop】現役レタッチャーが合成のコツを画像で解説!4

ここで車の画を実際に置いてみて街並みの大きさとのバランスを考えましょう!

ここで一旦配置は終わりましたが違和感ありまくりですね。
違和感の原因は大体以下の通りになります。

  • 光源の違い
  • 色味の違い
  • 解像感の違い
  • 画角の違い

逆に言えばここを押さえれば割と合成画像はうまくいきます!

画角の調整はガイドを引こう

光源や色味は後で調整しますが、まずは画角の違和感を無くします。
街並みの画像と車の画像はもちろん、場所も機材も撮影した人も違いますので画角が違います。

街並みの画像は割と下から煽るように撮影していますが、私が携帯で撮影した車の画像は上から撮影しています。

このままだと全く調和が取れていないので車の画像を変形させます。

ただ「どうやって画角の違いを合わせるか」なんですが、まずは街並みの画像にガイドを引いちゃいましょう!

ペンツールでもラインツールでもなんでいいので街並みの道路やビルなどの直線部分にガイドラインを引きます。

【Photoshop】現役レタッチャーが合成のコツを画像で解説!5

これでどこにタイヤが設置していなければいけないのか、どういう大きさで配置しなければいけないのかがわかりやすくなります!

合成する時は大きさのバランスを調整する際の必須級のテクニックなのでぜひ覚えましょう!

変形は遠近法ワープを使う

それでは実際にガイドを参考にしながら車の形状を変更していきます!
形状の変更には遠近法に沿って行いますので「遠近法ワープ」を使用します。

そしてわかりやすいようにガイドの線の色を緑にしました。
【Photoshop】現役レタッチャーが合成のコツを画像で解説!6

編集」から「遠近法ワープ」を選択します。

【Photoshop】現役レタッチャーが合成のコツを画像で解説!7

使い方はまず変形させる画像をレイアウトモードで囲います。※画像①
(遠近法ワープを選択時にレイアウトモードになっています。)

囲い終わったら、画面上部のツールオプションにある「ワープモード」にします。※画像②

【Photoshop】現役レタッチャーが合成のコツを画像で解説!8

あとはガイドを参考に先ほど囲った四角の四隅にある白い丸を動かしながら形状を変更させていきます。※画像②

今回のような車の場合は、フロントのリップ部分(ナンバープレートがあるあたり)と交差点のラインが同じ角度になるように変形させました。
【Photoshop】現役レタッチャーが合成のコツを画像で解説!9

変形させすぎると元の画像の比率を著しく変えてしまうおそれがありますので注意しましょう!

車のマスクを少しぼかしてエッジをなじませる

形状が変形できたところで車のエッジの部分がパキっとなっていて合成感丸出しなので、車のマスクを少しぼかして背景の画像になじませます。

車のレイヤーのスマートオブジェクトをダブルクリックしてレイヤーマスクを選択します。
属性」パネル部分にある「ぼかし」の数値を調整します。

【Photoshop】現役レタッチャーが合成のコツを画像で解説!14

車の画像の明暗を調整する

車の画像は昼間撮影したもので、背景の画像は夜なのでもちろん違和感があります。
なので次に車の画像の明暗を調整していきます!

これは僕流になりますが、この時点でついでに軽く色味も調整していきます!

ほとんどが車の画像のみに適用させていきたいのでクリッピングマスクという機能を多用しています。
クリッピングマスクについてはこちらの記事で詳しく解説しています!

関連記事

こんにちは! しがない雑食系クリエイターのはまやん(@hama_paz)です! サイトとかバナーとか動画とかでこんな画像を見たことはありませんか? いわゆる背景画像を文字で切抜きしたものになるんですが、カッコよくないで[…]

Photoshopで文字の切抜きを現役クリエイターが画像で解説!

全体的にざっくり色味と明るさを調整する

まず、全体的にトーンカーブで明度を落としていきます。
この時点ではRGBのカーブしかいじっていません。※画像参照

【Photoshop】現役レタッチャーが合成のコツを画像で解説!10

次にカラーバランスで色味を少し合わせます。
合わせる時に意識する点はハイライトを緑っぽく、シャドウと中間調を青っぽくなるように意識して調整しています。

【Photoshop】現役レタッチャーが合成のコツを画像で解説!11

光の向きと角度をざっくり把握する

次に明暗を調整する上で必要になってくる「光源がどこから来ているか」を把握するために可視化します。
物体は光に反射して色が認識されますので、把握するためにも必要な作業になります。

今回の場合だと一番遠くの後ろから白めの光信号の緑反対側の信号の緑
画像ではゴチャついたので省いていますが向かって左から青白い光が入っています。

【Photoshop】現役レタッチャーが合成のコツを画像で解説!12

この光のガイドはグループにして確認用に置いておくと後で確認しやすいですよ!

影をつける

ざっくり光源が把握出来たところで、車の影を入れていきます。

新規レイヤーを車のレイヤーの下に作って、スポイトツールで地面の色を吸います。
その色で光源を意識しながらブラシツールで影をつけていきます。
そのままだとベタベタになってしまいますので、レイヤーの描画モードを「オーバーレイ」にします。

【Photoshop】現役レタッチャーが合成のコツを画像で解説!13

影にも濃淡がありますので最終的に3つほどレイヤーを分けて作成しました。
レイヤーマスクも使いながら作業すると修正がしやすいですよ!

【Photoshop】現役レタッチャーが合成のコツを画像で解説!16

車の画像の色味を調整する

次に光源にも色がありますのでそれに沿って、車の反射している部分に色味をつけていきます。
ここがうまく出来たらもはや合成画像に関しては勝ちも同然です!

ハイライトに色をつける

まず、車のハイライト部分が一番反射で色味が出る部分なので光源を確認しながら色をつけていきます。
ベタ塗り」で緑と青のレイヤーを作成し、描画モードを「オーバーレイ」にしてレイヤーマスクを使用して塗っていきます。

【Photoshop】現役レタッチャーが合成のコツを画像で解説!15

ハイライトを強調させてフワッとさせる

光が当たって発光している感じが少し欲しいので車の画像を複製してレイヤーの描画モードを「比較(明)」にします。
不透明度を50%にして、ハイライトの部分だけレイヤーマスクで表示させます。
この時にマスクをぼかして発光感を出します。

その上にトーンカーブを作成し、クリッピングマスクにしてハイライトをガーンと上げて発光感を調整します。

【Photoshop】現役レタッチャーが合成のコツを画像で解説!17

最終の微調整

さぁ、いよいよラストの工程になります!
最後の味付けの微調整をかけていきます!

実はここが一番こだわってて迷ったりする部分でもあります。
色々な角度で見ながら微調整していくのがベターかなと思います!

後ろからの光源の煽りの反射で発光させる

一番奥から出ている白い光源に当たってフワッと発光している感じを出したいので追加していきます。
新規レイヤーを作成して、白色のブラシでポンポンとベビーパウダーをたたくように塗っていきます。
流量は5ぐらいにしてだいぶ薄く塗っていきます。

不要な部分はレイヤーマスクで状態を見ながら削除していきます。

【Photoshop】現役レタッチャーが合成のコツを画像で解説!18

円形グラデーションをオーバーレイで少し締める

全体的に画像を締めたかったので一番奥の光源に合わせて、「グラデーションツール」で円形グラデーションを作成します。

【Photoshop】現役レタッチャーが合成のコツを画像で解説!19

不透明度を38%ぐらいにして、描画モードを「オーバーレイ」にしてコントラストを強めました。
※めちゃめちゃわかりにくいですが、一番奥の白い光源あたりを見比べてもらうとわかりやすいです。

【Photoshop】現役レタッチャーが合成のコツを画像で解説!20

ライトを追加する

もちろん夜なのでライトを点灯していないと、おまわりさんに捕まってしまいますよね?
ちゃんとライトを点けてあげましょう!

イメージ素材サイトなどで「Lens Flare」と検索したら色々と出てきますので、お好みのレンズフレアーの画像をダウンロードします。
ダウンロードした素材をライト部分に配置して、レイヤーの描画モードを「スクリーン」にします。

そのままだと素材によっては境目がわかってしまいますので、トーンカーブを作成し、シャドウ部分を強めてからクリッピングマスクにします。

【Photoshop】現役レタッチャーが合成のコツを画像で解説!21

カラーバランスで最終の色味調整

そして仕上げに全体の色味をカラーバランスで青に振って完成です!

【Photoshop】現役レタッチャーが合成のコツを画像で解説!22

はまやん
シャレオツな車ヤデ!
Photoshopを学べるオススメ書籍

当ブログの管理人がオススメするPhotoshopを学べる書籍をご紹介します!
ポイントをわかりやすく押さえて解説されてますので、すぐに実践したくなりますよ!

ズボラPhotoshop

デザイナーのトミナガハルキさん著書のズボラPhotoshop!
デザイン初心者さんの悩みの1つである「カッコイイものを作りたいのにどうやって作ればいいかわからない」を解消する事間違いなしの一冊!
Photoshopを始めたての方や、クオリティをもう1ランク上げたい方は必見です!

Photoshopレタッチ[伝わる]写真補正&加工を学ぶ現場の教本

数々の映画や広告のビジュアルレタッチを担当している大谷キミトさん著書のレタッチャー必携の一冊!
細かい部分のレタッチの方法や、画像をキレイにするレタッチ自体の概念が学べます!
僕もこの書籍を見ながら本業でレタッチテクニックをバリバリ活用しています!

ノンデザイナーのためのPhotoshop写真加工講座

登録者数10万人を超えるPhotoshop系YouTuberのパパさん著書の一冊!
デジタルコラージュの作例や作品を作る事へのアイデアが詰まっています!
Photoshopは触れるけど作品とかどうやって作ればいいんだろう?って方にオススメです!

合成画像のコツのまとめ

いかがでしたか?
以下に合成画像のコツをまとめました。

  • 配置にはラインでガイドを引いて確認しやすくしよう
  • 光源をガイドを作って把握しよう
  • 最終の微調整の沼にはまりすぎないようにしよう

今回はかなり難しめな解説だったかと思います。
しかし、世の中のレタッチャーさんがこれぐらいの工程をかけて日々我々にエンターテイメントの作品を制作しています。
今回の記事でなんとなくで良いので合成画像の流れがわかってもらえれば万々歳です!

あとは一番大事なコツは「楽しんで作ること」ですね!
ご興味がありましたらぜひ一度作ってみてください!

はまやん
それでは良いPhotoshopライフを!
Twitterやってるのでフォローしておくんなまし!