【Photoshop】リムライトを作って画像をカッコ良くしよう!

こんにちは!
しがない雑食系クリエイターのはまやん(@hama_paz)です!

Photoshopをお使いの皆さん、楽しんでますか?
そして「リムライト」ってご存知ですか?

簡単に言うと光を背後から当てて輪郭をハッキリさせるライトなんですが、
よく映画とかのポスターでカラーのライトでリムライトを当てているのを目にしませんか?

実際に撮影するとなるとフィルターが必要だったり、ライトの調整が必要だったりと実はメチャクチャ大変なんです…

そこで今回はPhotoshopでリムライトを作って画像をカッコ良くする方法を解説します!

これであなたもシャレオツPhotoshoperですよ!

はまやん
カラーのリムライトは赤と青が好きデース!
Adobe製品をおトクに購入する方法

Adobe Creative Cloudのコンプリートプランをライセンス料が年間68,160円(税込74,976円)かかります。
金額にすると結構な額なので、できるだけおトクに購入したいですよね?

デジタルハリウッドのオンラインスクールを受講するとセットでAdobe Creative Cloudの学生・教職員個人向けライセンスプログラムが年間36,346円(税込39,980円)で付いてきます!

おトクに購入出来るのでもすごいのに、オンラインスクールなのでクリエイティブソフトの使い方を一緒にオンラインで学べます!
ソフトと講座の両方セットでかなりお得なプランなのでデジハリでの購入を検討してみては?


>>詳しくはバナーをクリック<<

スポンサーリンク

元の素材と完成画像

まず、今回作る画像の元の素材と完成をご覧ください。

【Photoshop】リムライトを作って画像をカッコ良くしよう!1

どうですか?一気に印象が変わりましたよね!
それでは以下の手順に沿って解説していきます!

  • 画像を用意して切り抜く
  • リムライトを作る
  • 微調整

画像はいつもお世話になっているO-danから素材を探しています!

イメージ素材のお探しはO-dan

画像を切り抜く

それではモデルの画像を切り抜いていきましょう!

【Photoshop】リムライトを作って画像をカッコ良くしよう!2

切り抜きについては自動で切り抜いてくれる「背景を削除」機能を使用しました!
背景を削除機能についてはこちらの記事で詳しく解説しています!

関連記事

  皆様、はじめまして!しがない雑食系クリエイターのはまやんと申します! 普段の仕事ではPhotoshopでの画像加工やデザイン、Premiere ProやAfterEffectsなどの動画編集やBlender[…]

Photoshop簡単に切り抜く方法その1

また、画像によっては自動の処理では難しいケースも出てきます。
その時はペンツールで切り抜きしていきましょう。
ペンツールにの使い方についてはこちらの記事で詳しく解説しています!

関連記事

こんにちは! しがない雑食系クリエイターのはまやん(@hama_paz)です! Photoshopをお使いの皆さんは必ず使うであろう「ペンツール」 皆さんちゃんと使えていますか? 「使い方がよくわからない…」 「上[…]

【Photoshop】ペンツールの使い方を現役クリエイターが解説!

下地処理

切り抜きが終わったところで、背景の黒と馴染ませるためにモデルの画像に下地処理を行っていきます。

【Photoshop】リムライトを作って画像をカッコ良くしよう!3

下地処理に関しては調整レイヤーを使っていくのですが、モデルの画像のみに適用させたいので「クリッピングマスク」を使います。
クリッピングマスクについてはこちらの記事で詳しく解説しています!

関連記事

こんにちは! しがない雑食系クリエイターのはまやん(@hama_paz)です! サイトとかバナーとか動画とかでこんな画像を見たことはありませんか? いわゆる背景画像を文字で切抜きしたものになるんですが、カッコよくないで[…]

Photoshopで文字の切抜きを現役クリエイターが画像で解説!

トーンカーブ

まずは「トーンカーブ」の調整レイヤーで明度を落としていきます。
シャドウをガツンと落としつつ、ミドルトーンはなだらかにカーブにしています。

【Photoshop】リムライトを作って画像をカッコ良くしよう!4

白黒

次に「白黒」の調整レイヤーを使用します。
本来の使い方はその名の通り「白黒」にするフィルターで、各色相で明るさを調整出来るところが使い勝手が良いフィルターです。
しかし、今回は赤系と黄色系を分けて明るさの調節をしたかったので、レイヤーの描画モードを「リニアライト」にして、メリハリをつける目的で使用しました。

【Photoshop】リムライトを作って画像をカッコ良くしよう!5

このままだと強くかかりすぎたのでレイヤーの不透明度を45ぐらいにして調整します。

【Photoshop】リムライトを作って画像をカッコ良くしよう!6

自然な彩度

先ほどの調整フィルターをかけた事で明度は抑えられましたが、色が濃く出過ぎてしまいました。
なので「自然な彩度」の調整レイヤーで少し彩度を抑えます。

【Photoshop】リムライトを作って画像をカッコ良くしよう!7

レンズフィルター

最後にちょっぴりバニラエッセンス的な風味をつけたかったので「レンズフィルター」の調整レイヤーを使用します。
今回は少し暖色系を入れています。

【Photoshop】リムライトを作って画像をカッコ良くしよう!8

これでモデル画像の下地処理は終了です!

リムライトを作る

次に今回最も重要な「リムライト」を作っていきます!
このあたりの作り方は色々な作り方がありますので、ご興味がある方は調べてみると吉です!

【Photoshop】リムライトを作って画像をカッコ良くしよう!9

アルファチャンネルを作成してレイヤーマスクを作成

まずはハイライトの部分に光をかけてあげたいのでレイヤーマスクを作成します。
ブラシでガシガシやっても良いのですが、リアルに仕上げたいので今回は「アルファチャンネル」を作成します。

チャンネル」パネルを押すとRGB・レッド・グリーン・ブルーと何やら出ていますね?
これはそれぞれの色のチャンネルだけ分けて表示させる事が出来ます。

【Photoshop】リムライトを作って画像をカッコ良くしよう!10

ここレッド・グリーン・ブルーの中から良い感じにシャドウとハイライトが分かれているチャンネルを探します。
今回はブルーが良かったのでこちらだけ表示させます。

表示のさせ方は、他のチャンネルの目のマークを押すと非表示になります。
なのでブルーのチャンネルだけ残すようにしましょう。

【Photoshop】リムライトを作って画像をカッコ良くしよう!11

ブルーのチャンネルだけ残した状態で右クリックを押すと「チャンネルを複製」と出てきますのでそちらを選択します。
すると「ブルーのコピー」と出てきましたね?
これでマスク用のチャンネルを作成する事が出来ました!

【Photoshop】リムライトを作って画像をカッコ良くしよう!12

このままだとぼんやりしてしまいますので、「イメージ」から「色調補正」の「トーンカーブ」を選択します。
で、ハイライトを強調させるように調整します。

【Photoshop】リムライトを作って画像をカッコ良くしよう!13

出来たチャンネルをレイヤーマスク化させたいので、チャンネルパネル下部の「選択範囲を作成」を押します。
新規レイヤーを作成して「レイヤーマスクを作成」を押します。

【Photoshop】リムライトを作って画像をカッコ良くしよう!14

レイヤーマスクを調整

先ほど作成した新規レイヤーを白で塗りつぶします。
これでハイライトが強調されるようになりました。

少しマスクが出過ぎている部分もありますので、ブラシで調整します。

また、後々このマスク以外にも調整をかけていきますので、黒に塗りつぶした新規レイヤーを作成してクリッピングマスクをかけます。
こちらの黒の塗りつぶしたレイヤーの描画モードを「スクリーン」にしておきます。

【Photoshop】リムライトを作って画像をカッコ良くしよう!15

また、少しハイライトを強調させたかったので新規レイヤーを作成して白のブラシでエッジの部分を中心に塗っていきます。

【Photoshop】リムライトを作って画像をカッコ良くしよう!16

カラーバランスをかける

次に「カラーバランス」の調整レイヤーでハイライトに色を入れていきます。
カラーバランスの「ハイライト」と「中間調」をお好みの色に調整していきます。

今回は左に赤系で、右に青系の色を入れたかったので二つ調整レイヤーを作成してそれぞれ調整しました。
その後にレイヤーマスクで色を出したい箇所だけ白で塗っています。

その際に「輝度を保持」のチェックは外しておきましょう!

【Photoshop】リムライトを作って画像をカッコ良くしよう!17

グラデーションマップをかける

このままだと少し色味が薄いので上から「グラデーションマップ」の調整レイヤーをかけていきます。
シャドウは黒のままで大丈夫ですがハイライトの部分は赤系と青系の色にしてそれぞれ作成していきます。

またこちらも先ほどのカラーバランスと同様にレイヤーマスクで表示させたい部分のみ白で塗りつぶしています。

【Photoshop】リムライトを作って画像をカッコ良くしよう!18

最終調整

さぁ!いよいよ最終の調整に入ります!
ここでバチっと味を決めればカッコいい画像になる事間違いなしです!

【Photoshop】リムライトを作って画像をカッコ良くしよう!19

トーンカーブ

トーンカーブ」の調整レイヤーで少し明度を戻していきます。

【Photoshop】リムライトを作って画像をカッコ良くしよう!20

元画像の色味を少し戻す

元の切り抜いた時の画像を複製して一番上に持っていきます。
このままでは元の画像のみが表示されてしまいますので、先ほどの「チャンネル」パネルから「レッド」のチャンネルから選択範囲を作成してレイヤーマスクを作成します。
そこからリムライトにかかってる部分を黒のブラシで非表示にしていきます。

【Photoshop】リムライトを作って画像をカッコ良くしよう!21

目にハイライトを入れる

目の部分が暗いので「トーンカーブ」でハイライトを加えます。

【Photoshop】リムライトを作って画像をカッコ良くしよう!22

円形グラデーションで締める

モノクロの円形のグラデーションを作成してレイヤーの描画モードを「オーバーレイ」にしてメリハリをつけて完成です!
【Photoshop】リムライトを作って画像をカッコ良くしよう!23

Photoshopを学べるオススメ書籍

当ブログの管理人がオススメするPhotoshopを学べる書籍をご紹介します!
ポイントをわかりやすく押さえて解説されてますので、すぐに実践したくなりますよ!

ズボラPhotoshop

デザイナーのトミナガハルキさん著書のズボラPhotoshop!
デザイン初心者さんの悩みの1つである「カッコイイものを作りたいのにどうやって作ればいいかわからない」を解消する事間違いなしの一冊!
Photoshopを始めたての方や、クオリティをもう1ランク上げたい方は必見です!

Photoshopレタッチ[伝わる]写真補正&加工を学ぶ現場の教本

数々の映画や広告のビジュアルレタッチを担当している大谷キミトさん著書のレタッチャー必携の一冊!
細かい部分のレタッチの方法や、画像をキレイにするレタッチ自体の概念が学べます!
僕もこの書籍を見ながら本業でレタッチテクニックをバリバリ活用しています!

ノンデザイナーのためのPhotoshop写真加工講座

登録者数10万人を超えるPhotoshop系YouTuberのパパさん著書の一冊!
デジタルコラージュの作例や作品を作る事へのアイデアが詰まっています!
Photoshopは触れるけど作品とかどうやって作ればいいんだろう?って方にオススメです!

リムライトエフェクトのまとめ

いかがでしたか?
リムライトのエフェクトのポイントを以下にまとめました。

  • リムライトはカラーバランスとグラデーションマップで作ろう
  • レイヤーマスクはアルファチャンネルを作成しよう

カラーバランスとグラデーションマップを使いこなせば様々な色のリムライトを作る事が出来ます!
この後にノイズとか入れてあげるとより質感が出てオシャレに見えますよ!

ぜひぜひお試しあれ!

はまやん
それでは良いPhotoshopライフを!
Twitterやってるのでフォローしておくんなまし!