Photoshopのレイヤースタイルを現役クリエイターが画像で解説!

Photoshop脱初心者その2

こんにちは!雨の日は在宅にしてほしいと思うはまやん(@hama_paz)です!

Photoshopを使い出したはいいけど、よく聞くレイヤースタイルって何よ?って思っていませんか?

レイヤースタイルはかなり種類があって何が何やら迷ってしまいますが、最初の内は4つの基本的な使用例さえ覚えればそのレイヤーの見た目がグッと引き締まります!

僕も最初は無闇やたらと使いすぎてイマイチな出来になってしまいました。
でも、選択肢を4つに絞ってシンプルに使い出すとクオリティがドンと上がりました!

この記事を全て読み終わったらレイヤースタイルを駆使してワンランク上の作品を作れますよ!

はまやん
機能があり過ぎていっぱい使いがちネー!
関連記事

こんにちは!マスク生活でむせ返る雑食系クリエイターのはまやん(@hama_paz)です! 皆さん、Photoshopを使い出したはいいけど、機能が多すぎてどれから覚えたらいいか悩んでいませんか? 実はPhotoshopに[…]

Photoshop脱初心者その1
関連記事

こんにちは! しがない雑食系クリエイターのはまやん(@hama_paz)です! 皆さんはレイヤーの一部分だけ表示させたり、色を変更したい時ってありませんか?もちろんその一部分だけ抜き取って加工は出来ますが、再調整する時が大変[…]

Photoshopレイヤーマスク

スポンサーリンク

そもそもレイヤースタイルとは?

レイヤースタイル1

レイヤースタイルとはレイヤーに影やグラデーションやカラーなど様々な効果を適用する事が出来る機能です。

しかも何度でも再調整出来ますし、必要でなければレイヤースタイルだけ削除して元のレイヤーはそのまま残す事も出来ます。
(いわゆる非破壊編集ってやつです)

レイヤースタイルの使い方

使用方法は適用させたいレイヤーをダブルクリックか右クリックして「レイヤースタイル」を選択します。

そうするとレイヤースタイルの設定のボックスが出てきます。
左側が効果の選択パネルで真ん中辺りはその効果の設定のパネルになります。

レイヤースタイル設定画面

これだけ覚えときゃ良し!4つのレイヤースタイル

冒頭でも説明しましたが、レイヤースタイルは効果の数も多いし設定画面とか出てきたので訳が分からん状態になると思います。

なのでこれだけ覚えときゃとりあえず良し!となる4つのレイヤースタイルを抜粋しました。
数十種類の選択肢より以下の4つに絞ったら作品作りも迷わなくて済みますよね!

  • ドロップシャドウ
  • 光彩(内側)
  • カラーオーバーレイ
  • 境界線

僕自身も実際の仕事でほぼこの4つしか使ってないぐらいメジャーな機能ですのでサクッと覚えちゃいましょう!

今回は説明のためこの文字レイヤーさんにモデルになってもらいましょう。

テストテキスト

ドロップシャドウ

対象のレイヤーの背後に影をつけて立体感を出す効果になります。

ドロップシャドウ設定画面

使い方は左側からドロップシャドウをチェックします。

1.不透明度
影の濃さを調整出来ます

2.角度
影が出る角度を調整出来ます

3.距離
レイヤーと影の距離を設定します

4.スプレット
影のエッジまでの濃さを調整出来ます

5.サイズ
ふわっとしたりパキっとさせたりと影のぼかし加減を調整出来ます

6.カラー
影の色を選択出来ます

サクッと調整するとこんな感じに!
影が出来て立体感がでましたね!

ドロップシャドウ適用画像

光彩(外側)

対象のレイヤーが発光してるような表現が出来る効果になります。

光彩(外側)設定画面

1.描画モード
光彩を光らせたりにじませたり背景の色の影響を受けたり出来ますが、慣れるまではスクリーンで大丈夫です!

2.不透明度
光彩の濃さを調整します。

3.カラー
光彩の色を選択します。

4.スプレッド
光彩のエッジまでの濃さを調整出来ます

5.サイズ
ふわっとしたりパキっとさせたりと光彩のぼかし加減を調整出来ます

サクッと調整するとこんな感じに!
発光している表現をしたい時に有効です!

光彩(外側)画像

カラーオーバーレイ

対象のレイヤーの上から新たに色をつける事が出来ます。

カラーオーバーレイ設定画面

1.描画モード
選択した色を出したいのなら通常レイヤーで、レイヤーと上から混ぜたいなら他の描画モードを選択します。

2.カラー
乗せる色を選択します。

3.不透明度
乗せる色の濃さを調整します。

調整するとこんな感じです!
文字レイヤー以外にも通常のレイヤーにも適用出来ますよ!

カラーオーバーレイ画像

境界線

レイヤーの境界に境界線を引く事が出来ます。

境界線設定画面

1.サイズ
線の太さを調整します。

2.位置
線がレイヤーに対して外側に出るのか、境界の中央から上に乗るのか、内側に出るのかを選択出来ます。

3.不透明度
線の濃さを調整します。

4.カラー
線の色を選択します。

調整するとこんな感じです!

境界線画像

Photoshopのレイヤースタイルのまとめ

いかがでしたか?
ざっくりよく使うレイヤースタイル4種をご紹介しましたので簡単にまとめました。

  • 三次元な表現が出来るドロップシャドウ
  • レイヤーが発光してるような表現が出来る光彩(外側)
  • カラーを混ぜる事も出来ちゃうカラーオーバーレイ
  • レイヤーに線を足せる境界線

今回はテキストレイヤーに使いましたので、そのままだと背景と馴染んでしまった時に可読性を上げたり、注目させたい時に使うと効果的ですよ!

僕のブログのヘッダー画面の背景にもちょろっとドロップシャドウ使ったりしてます

レイヤースタイル使用例

ワンランク上な表現を目指すなら是非お使いください!

次回はレイヤーマスク編をお送りします!

はまやん
それでは良いPhotoshopライフを!
Photoshop脱初心者その2
Twitterやってるのでフォローしておくんなまし!