Photoshopのレイヤーマスクを現役クリエイターが画像で解説!

Photoshopレイヤーマスク

こんにちは!
しがない雑食系クリエイターのはまやん(@hama_paz)です!

皆さんはレイヤーの一部分だけ表示させたり、色を変更したい時ってありませんか?もちろんその一部分だけ抜き取って加工は出来ますが、再調整する時が大変ですよね?

今回紹介するレイヤーマスクという機能を使えば例え失敗したとしても簡単に再調整する事が出来ます!

プロのデザイナーもレタッチャーもイラストレーターもガンガン使ってる機能ですね!

この記事を全て読めばレイヤーマスクを使いこなせるようになるはずです!

スポンサーリンク

レイヤーマスクとは?

レイヤーマスク

レイヤーマスクとは部分的に表示させたり、隠したりする機能になります。
これは全てのレイヤーに適用する事が出来ます。

なので画像の一部分だけ使用したり、ある部分だけ色を変更したりと様々な編集が可能になります。

そして、隠すか表示させるかという事なので隠れている部分も残っていますので再調整も容易に行えます。

元のレイヤーのデータが消えたら困るぅって心配性の方は是非覚えちゃいましょう!

今回はWEBページやフライヤーとかでよくあるワイプみたいな感じで画像を円形のマスクで表示させる方法と、モデルの口紅の色を変更する2種類の方法をご紹介します!

2つのレイヤーマスクの方法

整っている形でマスクをかけるか、対象物に合わせてマスクをかけるかの違いでこの2種類さえ覚えときゃ間違い無しです!

使い方

適用させたいレイヤーを選択してレイヤーパネルの下にあるマスクを作成を押します。

レイヤーマスクの使い方1

そうするとレイヤーのサムネイルの横に白い四角形が出てきましたね。
これがレイヤーマスクです。

このレイヤーマスクは白、グレー、黒のカラーを使う事が出来ます。

白は表示するようになっていて、黒は隠れるようになります。
グレーは濃淡によりますが半透明って感じです。

レイヤーマスク説明

レイヤーマスクを編集するには主に塗りつぶしかブラシツールを使用します。

まずは、塗りつぶしを使ってワイプのようなものを作りましょう!

塗りつぶしを使ってマスクを作成

まず、アタリ用にシェイプレイヤーで円を作ります。(塗りはカラー無し、線は2pxで作成)

円レイヤーマスク手順1

選択範囲でも円形は作成出来ますが、微調整が個人的にやりにくいのと完成のイメージが湧きやすいシェイプレイヤーを使用しています。

シェイプレイヤーを表示させたいイメージ通りに微調整したら、シェイプレイヤーのサムネイルにカーソルを持っていってCmd+クリック(Winの場合はCtrl+クリック)します。

円レイヤーマスク手順2

そうすると対象レイヤーの形に沿って選択範囲が生成されます。
今回は円形に選択範囲が生成されましたね。

その状態で先程の画像レイヤーを選択してレイヤーマスクを作成ボタンをポチッと押しちゃいましょう!

円レイヤーマスク手順3

ほら簡単!すぐ円形にレイヤーマスクが出来ちゃいました!

後はアタリ用のシェイプレイヤーを削除するか非表示にしちゃえば完成です!

ブラシツールでマスクを作成

次はブラシツールでマスクを作成する方法です。

今回は説明用に調整レイヤーを使わない方法を使いますが後ほど調整レイヤーを使う方法もご紹介します。

まず、元のレイヤーと色を変えるレイヤー2つにわけるのでレイヤーを複製します。
レイヤーを右クリックで複製を選択します。

ブラシでレイヤーマスク手順1

上に出来たレイヤーを色変更用のレイヤーとしますのでこれにレイヤーマスクを作成します。

イメージ→色調補正から「色相·彩度」を選択して以下の数値にします。

ブラシでレイヤーマスク手順1
ブラシでレイヤーマスク手順1

色変更したレイヤーが全て見えている状態ですのでShift+F5で塗りつぶし→ブラックにして、一旦全て隠します。

ブラシでレイヤーマスク手順1

ブラシツールを選択して唇だけ表示されるようにぬりぬりしていきます。(ブラシの固さは大体40〜60ぐらいにしてます)

ブラシでレイヤーマスク手順1

ブラシでレイヤーマスク手順1

はい完成!オシャレ!

調整レイヤーを使用して色変更をする方法

先程は色変更用のレイヤーを複製しましたが調整レイヤーを使えば変更する色の再調整も簡単に行う事が出来ます。

レイヤーパネルから調整レイヤー→色相·彩度を選択します。

ブラシでレイヤーマスク手順7
ブラシでレイヤーマスク手順8

この時点でレイヤーマスクが生成されていますので、上記と同じ方法で色味を調整してからブラシでマスクを作成する事が可能です!

知っておくと便利な小ワザ

レイヤーマスクを使う上で知っておくと便利になる小ワザをいくつか紹介します!

レイヤーマスクの移動·複製

作ったマスクを他のレイヤーに移動したり、複製する事も可能です。

移動はレイヤーマスクをドラッグ&ドロップ

複製はAltを押しながらドラッグ&ドロップ

レイヤーマスク小技1

レイヤーマスクを一時的に非表示

元の画像を見たりしたい時に使うと便利な機能です。

レイヤーマスクをShift+クリック

レイヤーマスク小技2

レイヤーマスクから選択範囲を作成

先程もしれっと使っていましたがレイヤーマスクから選択範囲を作成・確認する時などに便利な機能です。

レイヤーマスクをCmd+クリック(WinはCtrl+クリック)

レイヤーマスク小技3

レイヤーマスク表示に切り替え

見ている画面の表示をレイヤーマスクに切り替える事が出来ます。
そのまま直接レイヤーマスクを調整も可能です。

レイヤーマスクをAlt+クリック

レイヤーマスク小技4

Photoshopを学べるオススメ書籍

当ブログの管理人がオススメするPhotoshopを学べる書籍をご紹介します!
ポイントをわかりやすく押さえて解説されてますので、すぐに実践したくなりますよ!

ズボラPhotoshop

デザイナーのトミナガハルキさん著書のズボラPhotoshop!
デザイン初心者さんの悩みの1つである「カッコイイものを作りたいのにどうやって作ればいいかわからない」を解消する事間違いなしの一冊!
Photoshopを始めたての方や、クオリティをもう1ランク上げたい方は必見です!

Photoshopレタッチ[伝わる]写真補正&加工を学ぶ現場の教本

数々の映画や広告のビジュアルレタッチを担当している大谷キミトさん著書のレタッチャー必携の一冊!
細かい部分のレタッチの方法や、画像をキレイにするレタッチ自体の概念が学べます!
僕もこの書籍を見ながら本業でレタッチテクニックをバリバリ活用しています!

ノンデザイナーのためのPhotoshop写真加工講座

登録者数10万人を超えるPhotoshop系YouTuberのパパさん著書の一冊!
デジタルコラージュの作例や作品を作る事へのアイデアが詰まっています!
Photoshopは触れるけど作品とかどうやって作ればいいんだろう?って方にオススメです!

まとめ

今回ご紹介したレイヤーマスクをざっくりまとめました。

  • レイヤーマスクとは部分的に表示させたり、隠したりする機能
  • 選択範囲から作るか、ブラシツールを使って作るかを覚えときゃ間違いなし!
  • 小ワザを使うともっと便利に!

レイヤーマスク機能を知ってるのと知ってないのとでは作品創りの時間やクオリティにダイレクトに差が出る機能なのでガシガシ使って覚えちゃいましょう!

それではまた!

Photoshopレイヤーマスク
Twitterやってるのでフォローしておくんなまし!