【Photoshop】コンテンツに応じた塗りつぶしを画像で解説!

【Photoshop】コンテンツに応じた塗りつぶしを画像で解説!

こんにちは!
しがない雑食系クリエイターのはまやん(@hama_paz)です!

Photoshopをお使いの皆さん、背景のイメージ画像が足りない場合はどうしてますか?
簡単にするなら他のイメージで塞いだり、ベタ背景で塞いだりするかと思います。

しかし、そればっかりだとデザインが一辺倒になっちゃいますよね?

じゃあ、コピースタンプツールなどで足りない部分を追加するってなると時間もかかりますよね!

なんとPhotoshopには、AI技術を使った「コンテンツに応じた塗りつぶし」という機能があります!

足りない部分をPhotoshopが解析して自動で補ってくれる神のような機能を今回はご紹介します!

はまやん
僕の芸の幅もコンテンツに応じて塗りつぶしてホシーヨ!
スポンサーリンク

コンテンツに応じた塗りつぶしとは

【Photoshop】コンテンツに応じた塗りつぶしを画像で解説!1

コンテンツに応じた塗りつぶしとは、選択範囲の周りの画像を解析して自動で画像を作成してくれる機能になります。

後述しますが増やすだけでなく、もちろん不要なものを削除したりする事も可能なので、知っておくと制作の幅と作業効率化も図れて便利ですよ!

使い方

それでは使い方を解説していきます!

まず、画像を配置します。
今回はこちらの画像の横の部分を増やしたいと思います。

【Photoshop】コンテンツに応じた塗りつぶしを画像で解説!2

足りない部分を選択範囲で囲って、「イメージ」から「コンテンツに応じた塗りつぶし」を選択します。

【Photoshop】コンテンツに応じた塗りつぶしを画像で解説!3

すると専用のウインドウが出てきて、右側に解析結果が表示されます。

【Photoshop】コンテンツに応じた塗りつぶしを画像で解説!4

これでOKを押せばあら不思議、足りない部分の画像が作られました!

調整方法

自動で解析された結果が思った通りにならなかった場合は、ツールパネルを使って調整も可能です。
緑で塗りつぶされている部分をサンプリングしますので、対象の近くの部分を塗り直すと上手くいきますよ!

【Photoshop】コンテンツに応じた塗りつぶしを画像で解説!5

右側のツールパネルから出力設定出力先を選んで塗りつぶしの結果をどう出力するかを決める事も出来ます。

【Photoshop】コンテンツに応じた塗りつぶしを画像で解説!6

個人的には元画像と分けた方が後々の編集がしやすいので「新規レイヤー」をオススメします!

応用編

ここからはコンテンツに応じた塗りつぶし機能の応用編をご紹介します!

不必要な部分を削除

先程も触れましたが、電線や人物など不必要な部分を塗りつぶして削除する事も可能です!
なんでもいいので不必要な部分を囲って、コンテンツに応じた塗りつぶしを選択します。

調整ブラシで近くの部分を塗っていきます。

【Photoshop】コンテンツに応じた塗りつぶしを画像で解説!7

はい消えた!すごいぞAdobeさん!

塗りつぶしツールから適用させる

シンプルなイメージの場合などはもっと簡単に適用させる事も出来ます!

先程と同様に選択範囲を作成して塗りつぶし(Shift+F5)をします。
その時に「コンテンツに応じる」にしてOKを押すと完了です!

【Photoshop】コンテンツに応じた塗りつぶしを画像で解説!7

注意点

メチャクチャ便利な機能なのですが、使う時に注意する点があります。

割とメモリを食う

自動で解析してその都度処理を行うので、結構メモリの消費が激しいです。
メモリが少ないPCだと落ちたり、フリーズしたりするので気をつけましょう!

改善策としては単純にメモリを増設するか、Photoshop以外のアプリケーションを終了してから作業を行うかになります。

複雑な画像はやや苦手

ディテールが細かい画像からサンプリングする場合は解析の処理が追いつかず、満足いく結果にはなりにくいです。

この辺りはAdobeのAIであるAdobe Senseiがバージョンアップすると解決するかもしれませんので、どうしても上手くいかなかったらコピースタンプツールなどで調整してあげましょう!

Photoshopを学べるオススメ書籍

当ブログの管理人がオススメするPhotoshopを学べる書籍をご紹介します!
ポイントをわかりやすく押さえて解説されてますので、すぐに実践したくなりますよ!

ズボラPhotoshop

デザイナーのトミナガハルキさん著書のズボラPhotoshop!
デザイン初心者さんの悩みの1つである「カッコイイものを作りたいのにどうやって作ればいいかわからない」を解消する事間違いなしの一冊!
Photoshopを始めたての方や、クオリティをもう1ランク上げたい方は必見です!

Photoshopレタッチ[伝わる]写真補正&加工を学ぶ現場の教本

数々の映画や広告のビジュアルレタッチを担当している大谷キミトさん著書のレタッチャー必携の一冊!
細かい部分のレタッチの方法や、画像をキレイにするレタッチ自体の概念が学べます!
僕もこの書籍を見ながら本業でレタッチテクニックをバリバリ活用しています!

ノンデザイナーのためのPhotoshop写真加工講座

登録者数10万人を超えるPhotoshop系YouTuberのパパさん著書の一冊!
デジタルコラージュの作例や作品を作る事へのアイデアが詰まっています!
Photoshopは触れるけど作品とかどうやって作ればいいんだろう?って方にオススメです!

コンテンツに応じた塗りつぶしのまとめ

いかがでしたか?
コンテンツに応じた塗りつぶしの解説を以下にまとめました。

  • 選択範囲を作ってコンテンツに応じた塗りつぶしを選ぼう!
  • 専用のウインドウで塗りつぶし結果を微調整しよう!
  • 不要な部分を削除も出来るぞ!
  • メモリ消費と細かいディテールの画像の場合は気をつけよう!

これでイメージの足りない部分はテクノロジーと勇気とバイブスでカバー出来ますね!
結構日常的に使うので、この機会にぜひ覚えておきましょう!

はまやん
それでは良いPhotoshopライフを!
【Photoshop】コンテンツに応じた塗りつぶしを画像で解説!
Twitterやってるのでフォローしておくんなまし!