【Photohop】簡単に合成画像の色味を合わせるテクニックを解説!

【Photohop】簡単に合成画像の色味を合わせるテクニックを解説!

こんにちは!
しがない雑食系クリエイターのはまやん(@hama_paz)です!

Photoshopをお使いの皆さん、画像を合成した事はありますか?
あるよ!って方もいれば、難しそうでやったことないって方もいると思います。

そして画像合成で一番難しいというの工程が「色味を合わせる」作業なんです。

そこで今回は現役レタッチャーのはまやんが、画像の合成時に簡単に色味を合わせるテクニックを解説します!

  • 合成画像で色味を合わせるのが苦手な人
  • Photoshopを使った表現の幅を広げたい方
はまやん
海外のPhotoshoperさんがよく使ってるテクヨー
Adobe製品をおトクに購入する方法

Adobe Creative Cloudのコンプリートプランをライセンス料が年間68,160円(税込74,976円)かかります。
金額にすると結構な額なので、できるだけおトクに購入したいですよね?

デジタルハリウッドのオンラインスクールを受講するとセットでAdobe Creative Cloudの学生・教職員個人向けライセンスプログラムが年間36,346円(税込39,980円)で付いてきます!

おトクに購入出来るのでもすごいのに、オンラインスクールなのでクリエイティブソフトの使い方を一緒にオンラインで学べます!
ソフトと講座の両方セットでかなりお得なプランなのでデジハリでの購入を検討してみては?


>>詳しくはバナーをクリック<<

スポンサーリンク

合成する画像を用意する

まず合成したい画像をそれぞれ用意します。
今回は背景画像に人物を配置したいと思います。

【Photohop】簡単に合成画像の色味を合わせるテクニックを解説!1

背景画像は2020年10月から無料素材を提供しているAdobe Stockから素材を探しています!
イメージ素材のお探しはAdobe Stock

人物画像はTwitterでお世話になっている魔王ベアホワイトさん(以下魔王様)が配布している画像をお借りしました!

魔王様はたくさんのご自身の素材を配布しているサイトも運営されておりますので、
Photoshoperで素材にお困りの方は要チェックですよ!

魔王様の高貴なるサイトはこちら

50%グレーの塗りつぶしを用意する

画像を配置した時点では、お互いの画像は撮影した環境や光源やカメラなどが全く違うため色味が異なります。
これは同じ環境や機材で撮影しないと同じ色味を出すことが不可能なので当たり前の状況です。

【Photohop】簡単に合成画像の色味を合わせるテクニックを解説!2

じゃあ色味を合わせようとしても、画像の色温度などを理解していないと「赤味を足して、青を抜いて…」と
手探りでやってしまうので違和感が出てしまいます。

なので色味の違いがよく見えたら合わせやすくなりますよね?
ということでわかりやすくしていきましょう!

画像の上に「50%グレー」の塗りつぶしレイヤーを作成します。

【Photohop】簡単に合成画像の色味を合わせるテクニックを解説!3

50%グレーってどうやって作るねん!?と思ったそこのアナタ!
色の選択時に右側の「H・S・B」の項目を以下のパラメータにします。
H(色相):0
S(彩度):0
B(明度):50

これで50%グレーになります!

【Photohop】簡単に合成画像の色味を合わせるテクニックを解説!4

作成が終わったらグレーのレイヤーの描画モードを「輝度」にしておきます。

【Photohop】簡単に合成画像の色味を合わせるテクニックを解説!5

色相・彩度の調整レイヤーを用意する

次にグレーの画像の上に「色相・彩度」の調整レイヤーを作成します。

【Photohop】簡単に合成画像の色味を合わせるテクニックを解説!6

そして彩度をググーっと上げていくとあら不思議!色がバッキバキに見えるようになりました!
先ほど作成した2つのレイヤーをグループ化しておくと表示・非表示がやりやすくなります。

【Photohop】簡単に合成画像の色味を合わせるテクニックを解説!7

特定色域の選択で色味を調整

色が見やすくなったところで、本来の目的である色味の調整を行います。
魔王様のレイヤーの上に「特定色域の選択」の調整レイヤーを作成してクリッピングマスクを作成します。

【Photohop】簡単に合成画像の色味を合わせるテクニックを解説!8

クリッピングマスクについてはこちらの記事で詳しく解説しています!

関連記事

こんにちは! しがない雑食系クリエイターのはまやん(@hama_paz)です! サイトとかバナーとか動画とかでこんな画像を見たことはありませんか? いわゆる背景画像を文字で切抜きしたものになるんですが、カッコよくないで[…]

Photoshopで文字の切抜きを現役クリエイターが画像で解説!

パラメータの「カラー」をクリックすると各色で調整する事が出来ます。
僕の場合は基本的に色味を合わせる時は「白色系・中間色系・ブラック系」の3つを調整します。

背景画像の白色系の色と人物画像の白色系の色をパラメータを動かして色を合わせるといった感じで、白色・中間・ブラックをそれぞれ合うように調整していきます。

【Photohop】簡単に合成画像の色味を合わせるテクニックを解説!9

色でわかりやすくしている状態なのでパラメータをグリグリ動かして馴染むように調整していきます。
調整が終われば確認用のグレーのレイヤーは非表示にします。

【Photohop】簡単に合成画像の色味を合わせるテクニックを解説!10

最後に調整前と後の画像を並べて比較しみましょう。

【Photohop】簡単に合成画像の色味を合わせるテクニックを解説!11

う〜ん、マーベラス!

Photoshopを学べるオススメ書籍

当ブログの管理人がオススメするPhotoshopを学べる書籍をご紹介します!
ポイントをわかりやすく押さえて解説されてますので、すぐに実践したくなりますよ!

ズボラPhotoshop

デザイナーのトミナガハルキさん著書のズボラPhotoshop!
「デザイナーなのにズボラするなんて…どうなの?」と思われるかもしれませんがそれはノンノンです!

「簡単なのにカッコイイ、オシャレ」「作ってて楽しい」を元に手順を出来るだけ簡略化した55のテクニックをご紹介しています!
デザイン初心者さんの悩みの1つである「カッコイイものを作りたいのにどうやって作ればいいかわからない」を解消する事間違いなしですよ!

簡単に合成画像の色味を合わせるテクニックのまとめ

簡単に合成画像の色味を合わせるテクニックの内容を以下にまとめました。

  • 50%グレーと色相・彩度の調整レイヤーを作ろう
  • 見やすくしたら特定色域の選択の調整レイヤーで色味を合わせよう

合成画像の悩みの種でもある色味の調整を簡単に出来るテクニックをご紹介しました!
今回は背景と人物でしたが、もちろん切り抜いたパーツ同士などでも使えます!

そして色味を合わせてからハイライトを足したりコントラストを強めたりなど画像をカッコよくもしやすくなりますね!

ぜひ一度試してみてください!

僕のTwitterで動画で今回ご紹介したテクニックをアップしています!
(ついでにフォローもしてね!)

はまやん
それでは良いPhotoshopライフを!
【Photohop】簡単に合成画像の色味を合わせるテクニックを解説!
Twitterやってるのでフォローしておくんなまし!